神社を巡る

神社内地図

神社内地図

本殿

鳥飼八幡宮
  • 鳥飼八幡宮本殿
  • 讃岐金刀比羅宮
  • 神門
  • 神門
1

鳥飼八幡宮

八幡神社の中でも当社は最も歴史があるお宮の一つだと考えられています。本殿は、寛永二年(1625年)の正遷宮の際に建築された歴史ある建物です。
正面の参道には、神門がご神域を守っています。新門の参道側には狛犬が、本殿側には神将が配される珍しい造りです。神門は寺院建築の影響があるといわれています。

御祭神

  • 中殿: 応神天皇(おうじんてんのう) 文化の神・厄除けの神
  • 左殿: 神功皇后(じんぐうこうごう) 子安の神
  • 右殿: 玉依姫尊(たまよりひめのみこと) 縁むすびの神
2

讃岐金刀比羅宮 合祀

徳島岩吉(以西底引き網漁業で活躍。 戦後、徳島水産(現、株式会社トクスイコーポレーション)を興し、多角経営に積極進出。)が宮司と相談し、鳥飼八幡宮本殿に海上安全の神、讃岐金刀比羅宮を合祀したといわれております。

御祭神

  • 大物主大神(おおものぬしのおおかみ) 航海・交通安全の神
  • 崇徳天皇(すとくてんのう)
鳥飼八幡宮

鳥飼八幡宮境内社

黒殿神社
3

黒殿神社

神功皇后、応神天皇を補佐した家臣武内宿禰は四百年の生を得た伝説的な人物です。延命長寿のお神さまですが, 当宮創建にも関わりのあるお神さまです。同社には、神宮皇后をもてなした鳥飼氏の始祖もお祀りされています。

御祭神

  • 武内大臣(たけうちおおおみ) 延命長寿の神
  • 鳥飼黒主(とりかいくろぬし) 鳥飼氏始祖
天満神社
4

天満神社

学業のお神様として高名な天満神社です。一般的にはお稲荷さまとして知られる、農耕・商売のお神さま倉稲魂命も合祀されています。

御祭神

  • 菅原道真公(すがわらのみちざねこう) 学業の神
  • 倉稲魂命(くらいなたまのみこと) 農耕の神  ※合祀
恵比須神社
5

恵比須神社

恵比寿さまは、漁業や海運のお神さまが転じて、福をもたらす商売繁昌のお神さまとして崇敬されています。また同社には、宗像三女神の一柱で、美容のお神さまである狭依姫神も合祀されています。

御祭神

  • 八重事代主神(やえのことしろぬしのかみ) 商売繁盛の神
  • 狭依姫神(さよりのひめかみ) 美容の神  ※合祀
鹽竈北辰神社
6

鹽竈北辰神社

武芸から料理まで、多彩なお神さまがお祀りされています。鳥飼八幡宮では古来武術が盛んに行われていました。

御祭神

  • 武甕槌神(たけみかづちのかみ) 相撲の神
  • 経津主神(ふつぬしのかみ) 武芸上達・勝利の神
  • 塩土翁神(しおつちおうのかみ) 料理の神
  • 天御中主神(あめのみなかぬしのかみ) 教育の神  ※合祀

御神木

千年蘇鉄
7

千年蘇鉄

社務所前に鎮ります千年蘇鉄(せんねんそてつ)は、神功皇后の従者であられた武内宿禰が旅の安全と神功皇后の「胎内の御子」の無事なご出産を祈願されたこの地より蘇鉄が生えた、と伝えられています。のことにより、武内宿禰が四百年生きたという伝説からこの蘇鉄のところで長寿を願うと長生きできると厚く信仰されています。

息吹の大銀杏
8

息吹の大銀杏

大東亜戦争で焼夷弾の直撃をうけ炎上し、真っ黒に焼け焦げました。数年後、黒こげの枝から新芽が芽吹き、生命力を漲らせ蘇りました。いつしか、この大銀杏に願うと生命力に溢れ身も心も美しく蘇ると、篤く信仰されるようになりました。注連縄にご縁むすびの紐を蝶々結びにすると、願い事が叶うといわれています。

夫婦楠
9

夫婦楠

古来より鳥飼八幡宮は縁むすびの神様として篤く信仰されてきました。
この楠木は育つうちに幹が二つに分かれ寄り添いあっているように見えることからそう呼ばれるになりました。強く根付いた夫婦楠の注連縄の紐を結ぶと願い事が叶うと言われています。

その他

なでうし
10

なでうし

病気、けが等自分の体の不調な部位と「なでうし」の同じ部位をなでる事で病気平癒のご神徳があるといわれています。天満宮鳥居横に鎮座されています。

不老水
11

不老水

黒殿神社に祀られる武内宿彌が四百年も長生きしたという伝説から「不老長寿」や「美肌」の不老水と呼ばれてます。 水質検査も「お墨付き」で旧唐津街道沿いは水質が良く造り酒屋や醤油蔵が多い所として有名です。

放生池
12

放生池

放生は生き物を放つという意味です。旧暦の8月15日、無駄な殺生を戒め、日々の食事で魚介、鳥、動物などの命をいただくことに感謝をする放生会の際に、魚を放つ池として造られました。当宮では現在、放生会を執り行っていませんが鯉の放流はお願いしています。

中野正剛像
13

中野正剛像

大正から昭和にかけての政治家・中野正剛の銅像。幼少から西町で過ごし、中学修猷館の学生であった頃、仲間と共に鳥飼八幡宮境内に青年道場「振武館」を建設しました。

平野国臣神社

平野神社

幕末・明治維新に活躍した西郷隆盛などに影響を与えた筑前藩士平野国臣。生家は当宮のそばにあり、現在その跡地(鳥飼八幡宮より唐人町駅方面に徒歩2分)にお祀りしています。