鳥飼八幡宮の祖霊殿








 

おはようございます。


鳥飼八幡宮は来年度の春に完成予定で祖霊殿(納骨堂)を建設致します。


祖霊殿建設に至ったのには大きな理由があります。


日本人は子どもが生まれると、氏神様に初宮参りをし、一歳の誕生日を迎えると初誕生参りをし、七五三参り、成人参りなど人生の節目にはお神様と共にあります。しかし、人生が終わりを迎え亡くなった後はほとんど関わりがなくなります。何故ならそれは、ほとんどの神社が祖霊殿を持たないからです。鳥飼八幡宮では、お神様と共にある皆様方が生きている間も、亡くなってからもずっとお神様と共にあるようにと考え祖霊殿建設の運びとなりました。


 

鳥飼八幡宮 祖霊殿


日本人は仏教伝来以前から、亡くなった家族・先祖の霊「祖霊」に日々手を合わ せ、祀ってきました。生命とは祖霊の霊力(みたま)を受け継いで誕生し、死後 は再び祖霊の元に還るのです。この「祖霊祭祀」は古代から日本人の精神生活、 さらに神道信仰の根本とされてきました。 そして亡くなられた方が、残された家族や子孫を護る「祖霊」の列に入られるよ う導き、またご遺族を心身が正常でない気枯れ”(けがれ)の状態より正常へと 清め祓う祭祀、それが神道の葬儀「神葬祭」です。 現代では家族の形態や価値観が多様化し、家々の葬送儀礼やお墓事情も変化し てまいりました。代々のお墓が遠方にあり、お参りや清掃管理が困難、新しくお 墓を建てたいが適当な場所が見つからないなど問題も少なくありません。この ような現状に対し、今後、葬儀・納骨そして年中祭祀をご検討の方々を 対象に、皆様のご意見 伺いたく、お問い合わせの場を設けました。


詳しくはこちらをご覧ください。

 

問い合わせはホームページの問い合わせフォーム もしくは092-741-7823 鳥飼八幡宮社務所までお願い致します。