解体工事が始まりました。




おはようございます。


鳥飼八幡宮の遷宮に伴う解体工事が始まりました。


コロナショックの大変な時期と重なってしまいましたが前向きに受け止めて粛々と進めてまいります。


先ずは境内北側雑木林の整地、祖霊殿建設により老朽化した神輿蔵、倉庫の解体そして黒殿神社の解体です。黒殿神社は移設を考えていました。しかし、柱にシロアリが入って腐っており新しく建立することになりました。


神輿蔵の神輿は拝殿に移しております。神輿を三基出すのは昭和52年の遷宮以来ですから40年以上ぶりになります。


荘厳で美しいです。


先日 本殿にて解体安全祈願を斎行しました。


事故なく無事に進むよう祈念致します。