夏越祭

鳥飼八幡宮夏越祭

西町から広がる明るい地域の輪

"西町"とは、昭和38年(1963)の町名変更によりなくなってしまった、現在の今川の旧町名です。

夏越祭(夏越の祓え)とは夏に行う大祓式のことで、当宮では毎年7月19日に執り行います。
正月より半年の内に、自分自身が知らず知らずのうちに犯した罪や過ち、けがれを祓い清める神事です。
「けがれ」とは“気枯れ”ともいい、“気”が枯れ、精神が疲労した状態を本来の 清浄な心身に戻し、日々の生活を営んでいくために、古代より“はらえ”が行 われてきました。祭典後には、本殿前に作られた茅の輪をくぐり無病息災を祈ります。茅の輪は祭典日の前後にも設置しておりますので、参拝時におくぐり下さい。

令和2年の夏越祭は、今般の新型コロナウイルス感染症の拡大防止を鑑み、当日の祭典ご参列はご遠慮申し上げ、神職のみにて謹んでご奉仕申し上げる予定でございます。こうした状況ではございますが、本年も家内安全・商売繁昌・健康祈願・病気平癒・良縁祈願・災害復興・世界平和・疫病退散など、様々な祈願を込めた灯明の御奉納を賜り「いのりの千灯明」を期間中境内に献灯させて頂く所存でございます。
つきましては本年の灯明に皆様のお名前を留めいただきますれば、これに過ぎたる喜びはございません。心よりご奉納方、切にお願い申し上げる次第でございます。
なお、ご不明の点などございましたら、お尋ね下されば幸甚に存じます。

鳥飼八幡宮夏越祭
鳥飼八幡宮

鳥飼八幡宮夏越祭

いのりの千灯明点灯

家内安全・震災復興・健康長寿・商売繁盛・良縁など、祈りを込めて奉納された灯明を点灯します。(皆さんの様々な願いを込めた灯明の奉納も募集中です。)

いのりの千灯明点灯

日時

令和2年7月5日~19日の日没後に点灯します。

場所

鳥飼八幡宮境内

お申込み・詳細