少子高齢化に伴う人口減少どうにかしたいです。





 「今の日本、どんどん結婚しない人が増えてきているように思います。何か原因はあるのでしょうか?」

調査し、考えてみました。

 2015年の国勢調査による生涯未婚率は男性23.4%、女性が14.1%です。この数字は、2000年には男性12.6%、女性5.8%、1990年にはそれぞれ5.6%、4.3%でした。10年後に、その数字は倍になるといわれています。

日本の人口減少、そして高齢化は加速度的に進むことでしょう。

 影響度「大きさ」の順番を確定することは容易でないですが、未婚率の上昇の原因として以下の六つが思い浮かびます。
(1)結婚の社会的重要度低下
(2)性欲の低下
(3)女性労働参加拡大
(4)家庭内労働力の必要性低下
(5)勤労者所得の伸び悩みと専業主婦家庭の呪縛
(6)育児コストの上昇 など。

問題点解消の為に鳥飼八幡宮が出来ることそれは、まずは祈ること。

そして、意識改革へのきっかけを作ること。

出会いのきっかけとなる装置を作ること。

きっかけ作りの装置が縁むすびの宴なのです。

令和元年最初の縁むすびの宴は5月26日 日曜日 午後4時からです。 午後3時半より社務所にて受付を致します。 予約 問い合わせは鳥飼八幡宮 092-741-7823へ