鳥飼八幡宮 ゆかり保育園のどんと焼き!









鳥飼八幡宮 ゆかり保育園のどんと焼きの様子です。

お浄めの後、代表の園児たちにより火がつけられました。

どんど焼きは、お正月に歳神様をお迎えするために飾っていた門松やしめ縄などのお正月飾りを、神社に持ち寄って燃やす行事のことを言います。

日程は地域によって異なりますが、多くは1月15日の小正月に行い、それを以て歳神様を元の場所へお見送りするという平安時代から続く伝統行事です。

お正月に迎えられた歳神様は、どんと焼きの煙に乗り天に帰っていかれます。

どんと焼きの煙をあびるとその年を健康で無事に過ごせると言い伝えられています。

園児たちが少しでも日本の伝統文化に触れ、感じ、学んでいただければ嬉しいです。