立春



昨日は節分でした。

そして本日は福岡は雪。

立春ですが、大寒の最後の日であるため実は1番寒い日なのです。

鳥飼八幡宮の境内は雪化粧でした。

節分(せつぶん/せちぶん)は、雑節の一つで、各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のことです。節分とは「季節を分ける」ことをも意味しているともいわれます。江戸時代以降は特に立春(毎年2月4日ごろ)の前日を指す場合が多いです。この場合、節切月日の大晦日にあたります。

一般的には「福は内、鬼は外」と声を出しながら福豆(炒り大豆)を撒いて、年齢の数だけ(もしくは1つ多く)豆を食べる厄除けを行います。また、邪気除けの柊鰯などを飾ります。これらは、地方や神社などによって異なります。

鳥飼八幡宮では、神仏混合時代からの名残りで星祭を行い、一年間の厄除け災難除けを祈念致します。