葉桜





鳥飼八幡宮の桜も葉桜になりました。

「散る桜 残る桜も 散る桜」
桜は散る。
命は散る。
必ず散りゆくこの命とは何なのか。

人がその人生において本当に考え抜くべき問いを残してこの世を去った良寛の辞世の句です。

潔さと美しさを感じますね。

生きとし生けるものは、生を受けた瞬間から寿命が存在します。

散る桜は儚いですが、同じように満開に咲き誇っている桜も、やがて必ず散りゆくのです。その美しさと儚さの対比を情景の中に感じ取ることにより、よりいっそう生命の輝きを強く感じることが出来ます。

四季のある美しい国 日本に生まれて幸せです。