桜が満開です。







「明日ありと思う心のあだ桜夜半に嵐の吹かぬものかは (親鸞聖人)」

あだ桜とは、あてにならない桜の意味。夜中に嵐が吹いて散ってしまうかもしれないから、花見は今日のうちにしておけよという、楽しい花見の心得を詠ったものですが、実は親鸞が子どもの頃、先生である高僧をつかまえて「明日には死んでしまうかもしれない命なのだから、今日のうちに出家させてくれ」という心境で詠んだ歌として知られています。

鳥飼八幡宮の桜が満開です。

福岡の桜は舞鶴公園や西公園が有名ですが、鳥飼八幡宮の桜も美しく咲き誇っております。