梅が綺麗に咲いております。



おはようございます。

そろそろ春の気配がただよってまいりました。

鳥飼八幡宮の境内末社 天満宮の周りには、奉納いただきました梅の木がございます。

美しく満開を迎えておりますね。

梅が天満宮に、植えられているのは、

菅原道真が、太宰府左遷の時に詠んだ、有名な歌があり、 「東風(こち)吹かば 匂い起こせよ 梅の花 主なしとて 春な忘れそ 」
その梅が、道真を慕って、一晩のうちに太宰府に飛んでいったという「飛梅伝説」
が、生まれました。この伝説に由来しているのです。

梅の木が満開を迎えると春の気配が、桜の木が満開を迎えると春の終わりを感じますね。

梅の花の匂いに誘われて毎日鶯が鳴いております。

趣き深いです。