七夕



明日は七夕ですね。

七夕と言えば織姫と彦星の伝説が有名ですね。

1年に1度の縁むすびの日です。

それから願い込めて下げる短冊があります。

今日はあまりふれられない、短冊を下げる笹について書きます。

七夕よりずっと以前から、笹(竹)は神聖なものとして大切に扱われていました。

笹(竹)は、根強く、繁殖力も強く、風雪寒暖にも強い。その生命力と神秘性を兼ね備えた笹(竹)は昔から神事などにも使われるほどでした。

地鎮祭などにも使われますね。

笹の葉の擦れ合う音は、神様を招くとされ、神聖なものとして扱われてきたのです。

ですから、七夕の願い事も、神聖な笹(竹)に吊るすようになったのです。