2月3日は節分星祭です。



2月3日は節分星祭です。


星祭とは、仏教(主に密教)で災いを除くために個人個人の当年星(とうねんじょう、当年属星とも)と本命星(ほんみょうじょう)をまつる祭りのことです。星供養(ほしくよう)、星供(ほしく)ともいわれます。



なお、七夕まつりも星祭と呼ばれているが内容は異なります。

説明の通り、星祭は仏教の行事です。



鳥飼八幡宮は昭和になってからの廃仏毀釈により離れましたが、境内には感応院というお寺がありました。その名残りで星祭や人形供養などお寺での行事が行われます。







節分星祭は4季が巡り年の始めを迎えるにあたり、その1年が平穏無事な年であるように願うお祭りです。

そして立春から新しい年が始まるということは立春から恵方・凶方位などが動き、厄年にあたる方々の厄が始まる日でもあります。

旧暦では、厄年にあたる方は立春より始まり節分を迎えるまでの1年間が厄年となります。

450年以上続く鳥飼八幡宮の伝統的な行事です。

豆まきはありませんが、お祓いをし、福豆を授けます。毎年多くの地元の方々が参拝に来る、地元に根付いたお祭りです。



豪快な豆まきをする節分祭も楽しいですが、鳥飼八幡宮のように派手ではありませんが、地元に密着し粛々と続く節分もいいものですよ(*^o^*)

鳥飼八幡宮では午前9時より厄除大祈願祭を執り行っております。



厄を取り払い、福を取り入れる鳥飼八幡宮と篤く信仰されております!

新年のスタートが上手くいかなかった方は、星祭節分祭で今年の厄除け災難除けをいたしましょう(*^_^*)

福豆を食べて身体の中から災いを追い払いましょう!



福豆は2月中くらいまでは授与させていただけると思います!

これから迎える新しき年がすばらしい年でありますよう心より祈念致します。