縁結び神事「縁むすびの宴」について

kon01
 鳥飼八幡宮では、毎月1〜2回の割合で、神事「縁むすびの宴」を開催しております。

 毎回、男女30名の方にお集まりいただき、お神さまに良縁を授かるよう御祈願し、その後、参拝者のみなさまの交流の宴を催します。

 当社では玉依姫尊さまをお祀りしています。
 玉依姫尊さまは、初代天皇である神武天皇のお母さまです。
 皇室のご先祖さまであり、私たち日本人とお神さまの縁を取り結んだお神さまです。あらゆるご縁を結んで下さるお神さまですが、古くから男女のご縁を授かると信仰されてきました。

 縁むすびの宴は、次のような流れで行われます。

 まず、本殿にて参加者全員の良縁を祈願いたします。
 kon004
 大祓の詞奏上、縁結びの祝詞奏上などを通じて、お神さまに良縁を祈願。お祓いをして、みなさまに良縁の良き流れがくるように、お願いいたしますので、みなさまも心を込めてお願いしてください。
kon002
 御祈願のあとは参集殿に場を移して、縁むすびの宴となります。
 ドリンクや軽食を楽しみながら、参加者同士アピールタイムへ。結婚という人生のターニングポイントについて、みなさまの意見を交わしたり、また良きご縁を結ぶきっかけとなるよう、時間をとっておりますので、積極的にご活用のほどを!

 お神さまは男女に限らず、にぎやかに楽しく交流しているのを見るのを喜ばれます。
 宴は、神事でいう直会(なおらい)のようなもので、飲食し話をする場には、お神さまもいらっしゃっていると考えています。
 みなさまが楽しめる演出や工夫もしていきたい。
 そう考えています。
kon003
 開催日が近づくと、申込が多くなります。定員は、男女それぞれ15名ほどとしていますので、場合によってはお断りしなければならなくなります。

 お早めの問い合せ、申込をお願いいたします。
 


【 申込方法 】 ご予約・連絡先は、鳥飼八幡宮まで


(電話番号) 092-741-7823