御朱印帳とは



御朱印とは本来、参拝者が写経をお寺に納めた際にいただく印でした。
それがいつの頃からか(一説には江戸時代後期ともいわれています)
納経しなくても参拝のあかしとして頂けるようになりました。
これがやがて神社にも広がり、今では多くの寺社で頂けるようになりました。

現在では誰でも簡単に御朱印を頂くことが出来ますが、観光地などの
「記念スタンプ」とは意味合いがまったく違いますのでご注意をお願いします。

御朱印は、御守やお札と同じく神仏や寺社名が書いてありますので、
御本尊や御神体の分身といっても過言ではありません。
また、お書きする我々は、心を込めて一字一字ていねいに書き押印しております。

印刷物などとは違い、まったく同じ物はありません。

あなたのためだけに書いて頂いたものですので、粗末に扱わないようにし、
ずっと大切に保管をいただきお神様の神威をいただかれて下さい。