恵比須神社に合祀される弁財天



20140619-134702.jpg



20140619-134717.jpg

鳥飼八幡宮の境内末社 恵比須神社には、弁財天が合祀されています。

日本には古来、「八百よろずの神々」があり、室町時代の頃、特に福徳を願った「七体の神仏」が選ばれ、七福神となりました。

その一つが、「弁財天」です。

七福神の中で唯一女性の神様である弁財天には、多くのご利益が伝えられています。

まずは音楽の仏神で、「芸術、水の神」でありますし、「財宝・利得・商売繁盛の神」として、広く信仰されております。

また、鳥飼八幡宮では美人弁天と呼ばれ、「健康・長命・美」の象徴となっております。

鳥飼八幡宮の美人弁天は、音楽 芸術の女神様である事から、たくさんのアーティストや俳優、芸能人の方々より篤く信仰されております。