地鎮祭



20140515-133001.jpg

地鎮祭(じちんさい・とこ しずめ の まつり)は、土木工事や建築などで工事を始める前に行う、その土地の神(氏神)を鎮め、土地を利用させてもらうことの許しを得る神事です。





20140515-133152.jpg

神式の一般的な地鎮祭の流れは次の通りです。

手水(てみず、ちょうず)
神事の会場に入る前に手水桶から掬った水で両手を洗い、心身を浄めます。

修祓(しゅばつ)
開式の後、祭に先立ち、参列者・お供え物を祓い清める儀式。

降神(こうしん)
祭壇に立てた神籬に、その土地の神・地域の氏神を迎える儀式。神職が「オオ~」と声を発して(「警蹕(けいひつ)」と言う)降臨を告げます。

献饌(けんせん)
神に祭壇のお供え物を食べていただく儀式。酒と水の蓋を取ります。

祝詞奏上(のりとそうじょう)
その土地に建物を建てることを神に告げ、以後の工事の安全を祈る旨の祝詞を奏上します。

四方祓(しほうはらい)
土地の四隅をお祓いをし、清める。切麻(きりぬさ)・散米(さんまい)とも言います。

地鎮(じちん)
斎鎌(いみかま)を使った刈初(かりそめ)、斎鋤(いみすき)を使った穿初(うがちぞめ)、斎鍬(いみくわ)を使った鍬入(くわいれ)等が行われます。設計・施工・建主に振り分ける事が多い。鍬入の儀とも言います。

玉串奉奠(たまぐしほうてん)
神前に玉串を奉り拝礼する。玉串とは、榊に紙垂を付けたものです。

撤饌(てっせん)
酒と水の蓋を閉じお供え物を下げます。

昇神(しょうしん)
神籬に降りていた神をもとの御座所に送る儀式。この後に閉式が行われます。

神酒拝戴(おみきはいたい)
直会の前に行われるケースもある。土器(かわらけ)の杯にお神酒を注ぎ、神職の合図で乾杯を行います。



20140515-134055.jpg

皆様方の弥栄とご多幸 工事の安全を心より祈念致します。