朔詣り

朔詣りは一日詣りともいわれます。

おついたち参りの語源は「月立ち」にあるとされてます。立つとは現れるの意味で陰暦では月の満ち欠けにより月日を数え新月が現れる日をその月の最初の日としました。この「月立ち」が転じて「ついたち」になったとされ月の初めの日に一ヶ月無事に過ごせたことを神様にお礼参りをしこれからの一ヶ月も無事であるようにと祈願するものです。

鳥飼八幡宮の朔詣りは、ご本殿にて手を合わせた後、ご縁むすびの紐をご神木に結び、一ヶ月の無事を祈念するのが習わしのようです。



20131201-153112.jpg



20131201-153331.jpg

夫婦楠 息吹の大銀杏 千年蘇鉄にそれぞれ祈念されていらっしゃいます。