神門の矢大臣ご清掃です



みなさま、ごきげんよう。

こんにちは。

冬至もすぎて、いよいよ年の瀬ですね。
古いお札をお返しにこられ、新しいお札を受けていく方も増えてまいりました。

遷座祭でもうあらたまった感覚になってしまっていますが、一般的な暦に頭を切り替えると、もういくつ寝るとお正月です。



そんな中、地元西町の十日会のみなさま、今川2丁目2区子供会OB会の役員のみなさまに、当宮の神門の矢大臣のお掃除をしていただきました。

当宮の神門は、もともと神社で一番古い建物と言い伝えられており、江戸時代前半に造営されたものではないかと考えられています。



神門の中には、お宮側に矢大臣が鎮座しています。この矢大臣さまと矢大臣のお部屋をお掃除されました。矢大臣は西町から奉納されたもので、遷宮などの折々に綺麗に修繕されて、本殿のお神様をお守りしてきました。

1年ぶりですが、汚れはたまるものですね。締め切っている室の中も結構汚れていました。

当宮では年末に煤(すす)払いを行います。神社の社殿を地域の方とお掃除する行事ですが、今年は遷宮したばかりですのでお休みです。

みなさまも、お掃除をして、神棚のお札を新しく受けて、新鮮な気持ちでお正月、歳神をお迎えしましょう!