赤ちゃん土俵入り



みなさん、ごきげんよう。こんにちは。

このところ、朝晩も冷えてきて冬の足音が聞こえてまいりました。
それもそのはず、もう11月ですからね。

11月といえば、九州場所。

まもなく鳥飼八幡宮にも九重部屋の皆さんがやって来られます。
当宮でもお出迎えの準備をしているところです。(写真は昨年の土俵づくりの様子です)

恒例の赤ちゃん土俵入りを、3年ぶりに開催いたします。

毎年行っていた行事を、当たり前のように行っていたものを、できなくなることの寂しさ。
再開することの難しさ、いや開催してきたことの大変さを、さまざまな局面で感じています。

時間はかかりましたが、だんだんと日常を取り戻しつつあります。

これから当宮もさまざまなお祭りや行事を行いますが、直会(なおらい=お祭り直後に、お神様と喜びを分かち合う飲食の会合のこと)なども再開していく予定です。

多くの方にお祭りにお集まりいただければと考えております。

なお、赤ちゃん土俵入りに関してご注意を。

11月3日、6日に参加申し込みをされた方には、メールにて受付時間などをお送りしております。
メールが届いていないという方、もしこのブログをご覧になられたら、ご連絡ください。

また、9月の終わりに申し込みは締め切りましたので、新たなご参加の希望はお受けできません…。
基本キャンセルも受け付けておりませんので、ご了承ください。

みなさまに、よきご縁のあらんことを。