鳥飼八幡宮の豆まき


今日は23日 節分です。


鳥飼八幡宮では昨日、南当仁校区自治協議会青少年育成部の主催による豆まきが催されました。


境内にはこども達の黄色い歓声と「福は内 鬼は外」の威勢のよい掛け声が響き渡りました。


秋祭の奉納行事である丸焼き祭 毎月第3日曜日に開催される福マルシェは普段、鳥飼八幡宮に参拝された事がない方にも鳥飼八幡宮に参拝するキッカケになればという思いから開催致しております。


対して自治協議会主催の豆まきなどの行事は地域の方々の協力のもとに催される伝統的な神事です。こども達が古来より伝わる大切な習わしにふれる貴重な時間だと思います。近年は人口減少に伴いこどもの数も減っています。そして正比例するように氏子意識もなくなっています。続けていくのは簡単ではありませんが、この様な行事が境内で催されることで神社が地域のサロンの様な役割を果たし、こども達の人間が形成されていくのだと思います。


この南当仁校区自治協議会青少年育成部主催の豆まきは、初めての試みで鳥飼八幡宮の境内にて開催されました。今までは節分の厄除祈願は鳥飼八幡宮にて、豆まきは小学校にて開催されていました。今後も今年のような形で続けていければと思います。


現在では、豆まきをするご家庭はなくなってきていると聞きます。


日本古来の伝統文化をなくしてはいけませんね。続けていけるのは地域の方々の支えがあってこそだと思います。世の為 人の為 こども達の未来の為によろしくお願い致します。